甘い物でほっこり 1日1甘パリ

美味しかった! 幸せーと書くブログ。スーパーのお菓子でもいいんです

ブランジュリーAKIのレアチーズケーキ柚子

 

f:id:clairefr:20210730152951j:image

 友達と近くの公園でいただきました。ブランジュリーAKIの店員さんが、木製のスプーンを付けてくださいました。左が抹茶シフォンケーキ、右がチーズケーキ柚子。


f:id:clairefr:20210730153011j:image

 抹茶シフォンケーキは何度も食べたことがあって、ふんわりして、生クリームもおいしい。

 

 チーズケーキ柚子は初めて。レアチーズに柚子で爽やかな酸味。


f:id:clairefr:20210730181253j:image

 

 

L’Eclair de Genie のパッションフランボワーズのエクレア

 L’Eclair de Genie レクレール・ドゥ・ジェニのフランボワーズパッションを買いました。


f:id:clairefr:20210730043157j:image


f:id:clairefr:20210730043258j:image

 切ると中からとろりとフランボワーズのソース。甘すぎず酸味が効いていて美味しい。1個6ユーロ(約780円)。


f:id:clairefr:20210730043246j:image

 

 L’Eclair de Genie は、オーナーパティシエ、クリストフ・アダン氏によるお店。ギャラリー•ラファイエットの中で買いました。


f:id:clairefr:20210730043344j:image


f:id:clairefr:20210730043356j:image


f:id:clairefr:20210730043415j:image

 日本にも進出していて、高島屋日本橋、新宿、横浜、大阪、名古屋で買えるよう。日本の方が、同じフランボワーズパッションが540円と少し安かった。

 

レクレール・ドゥ・ジェニの高島屋のサイト

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/leclairdegenie/index.html

 

手作りレアチーズケーキ

 7月6日ごろ、しばらく更新していなかったが、その頃、レアチーズケーキを作って、3日間食べ続けていた。
f:id:clairefr:20210719153954j:image

 イギリスのスーパー、マーク&スペンサーでレアチーズケーキをしばしば買っていたのだが、イギリスのEU離脱の影響か店頭から消えてしまった。仕方ない。自分で作ろう。
f:id:clairefr:20210719154227j:image

 作っている経過写真を取り忘れたが、写真から、手作りを誰も疑わないだろう。生クリームの泡だて方が足りず、素人の手作り感溢れている。
f:id:clairefr:20210719154132j:image

【ぶどうとアプリコットのデコレーション】

 

 今は果物が美味しい季節。毎日、違う果物を買って、デコレーションを変えていた。
f:id:clairefr:20210719154048j:image

【白桃とさくらんぼのデコレーション】


f:id:clairefr:20210719154205j:image

【フランスは果物が安いと思う】

 

日本語だと、レシピはこれが近い。

https://oceans-nadia.com/user/253470/recipe/393887

 

 私が作り続けているレアチーズケーキは大学生のとき、同級生の女友達に教わったもの。レアチーズを使い切る量に合わせて分量を変えている。友達とはもう連絡取っていないのに何年同じレシピで作っていることだろう。

 

 夫の家族に褒められて、レシピを知りたいと言われ、一生懸命、仏語に翻訳したこともある。それが下の写真。

 

 f:id:clairefr:20210719155000j:image


f:id:clairefr:20210719155018j:image

 ぐうたらで整理整頓が苦手な私は、作る直前、このフランス語のレシピしか見つからず、今回はこのフランス語のレシピで作った。


f:id:clairefr:20210723045855j:image

ベルティヨンのアイス コーヒー味


f:id:clairefr:20210717051134j:image

 ベルティヨン(Bertillon)のコーヒー味のアイスをいただきました。
f:id:clairefr:20210717051146j:image

 甘さ控えめで、コーヒーの香りがしっかりして、美味しかった。
f:id:clairefr:20210717051157j:image

 バニラ味もいただきましたが、コーヒー味は、さっぱりしています。

 

 ベルティヨンはパリのサンルイ島にあるアイスクリーム屋さんで、このブログに何回も登場しています。

 

過去、ベルティヨンについて書いたブログ

https://clairefr.hatenablog.jp/entry/2021/02/08/015713

オーヴェル=シュル=オワーズのショコラティエ

 パリから電車で約1時間、オーヴェル=シュル=オワーズのショコラティエで、チョコレートを買いました。

f:id:clairefr:20210714145134j:plain
 これがなかなか当たりでした。
 ファン・ゴッホも描いた市庁舎の隣、ファン・ゴッホが住んでいたラヴー亭の向かい側に、そのショコラティエはあります。


f:id:clairefr:20210714145320j:plain

 これだけ買って、5ユーロ札でお釣りが来ました。

 特に、キャラメルやレモンなどが入ったミルクチョコレート美味しかった。近くにあれば、また、買いに行きたい。

Carl Marlettiのタルトシトロン


f:id:clairefr:20210407161216j:image

 

 Carl Marlettiのスペシャリテのひとつ「タルト・オ・シトロン(レモンタルト)」をいただきました。フランスの「フィガロ スコープ」紙が2009年に開催した「パリで一番おいしいタルト・オ・シトロンランキング」で見事に1位に輝いたタルト・オ・シトロン。

 

 うーん、美味しい。

  ちなみにパリ中心部、地下鉄パレ・ロワイヤルに近いサントノレ通りのverletというコーヒー屋さんに、carl marlettiのケーキが販売していました。恐らくコーヒーのお供に店内でいただく感じです。

f:id:clairefr:20210714143042j:plain

 おおお、まだ、食べたことのないケーキがあるー。10.50ユーロ、店舗で買うより少しお値段高いです。


Verlet

 256 Rue Saint Honoré,

75001 Paris